前へ
次へ

携帯買取時に暗証番号をどのように戻すか

銀行のATMなどを利用するときに暗証番号を入力することがあります。大抵は4ケタの数字になっています。誕生日を設定する人がいますがセキュリティ上はあまり良くありません。誕生日は多くありそうですが全部で366種類しかありません。366回試されるとわかられてしまうことがあります。4ケタだと1万通りありますから、無意味な数字を設定するのが良いとされています。4つ同じの数字なども簡単にわかってしまう場合があります。携帯買取の時に行わないといけないこととして暗証番号を初期化することです。初期化のための方法があるわけではなく手動で最初の状態に戻す必要があります。携帯買取をしてもらうときには各通信会社の機械ごとに行ってもらいます。この暗証番号の初期状態は通信会社ごとに異なります。0000であったり9999、1234などがあります。それぞれの通信会社ごとに設定しておく必要があります。買取してもらうときに確認すると良いでしょう。

Page Top